日本映画, アニメ(映画), アニメレビュー

石田将也は元気な小学生で、

将也はクラスの中で楽しく気ままに過ごしていた。

そんな将也のクラスに転入生の女の子がやってくる。

その子の名前は西宮硝子。

先生から自己紹介するように言われた硝子だったが、何故か自己紹介を中々始めない・・。

先生は、硝子の肩をポンっと合図すると硝子はランドセルからノートを取り出す。

そして、ノートに書いてある文字で自己紹介を始めた。

そん ...

テレビアニメ, アニメレビュー

–あらすじ 第7話「無知な友人ほど危険なものはない。賢い敵のほうがよっぽどましだ。」–

夏休み中に綾小路から堀北に何度も電話がかかってき、堀北は何度も電話を拒否した。

拒否したにも関わらず、何度も電話をかけてくるなどどういうつもりなのかを綾小路に聞いた。

するとみんなと一緒にプールへ行こうという誘いだった。

もちろん堀北からすると行く意味がないと考えて「行かない」と即答する。
...

テレビアニメ, アニメレビュー

–あらすじ 第5話「地獄、それは他人である。」–

次の日、櫛田が1-Dクラスの佐倉に須藤の喧嘩を目撃していないかを聞こうとすると・・佐倉は櫛田から逃げようと「知らない」の一点張りであった。

佐倉が櫛田から逃げようとしたときに佐倉の持っていたカメラを落としてしまい、カメラが壊れてしまった。

佐倉は櫛田と綾小路の3人一緒に電気屋へ向かい、カメラの修理に。

綾小路は佐倉がカメラの修理手続き担当者に怯え ...

テレビアニメ, アニメレビュー

–あらすじ 第3話「人間は取引をする唯一の動物である。骨を交換する犬はいない」–

何やかんやで綾小路と櫛田が赤点3人組に対して勉強させることに成功し、クラスほぼ全員が定期テストで高得点を取ることに成功したのだ。

クラス全体で高得点を取ったことにより、クラスポイントが0から加点されることとなり、6月はDクラスの生徒たちにもポイントが加点されることが確定した。

しかし、須藤のみ赤点を取ってしまったのだ・・。 ...

テレビアニメ, アニメレビュー

–あらすじ 第1話「悪とは何か――弱さから生ずるすべてのものだ。」–

進学率・就職率が100%の高校に入学する子供たち。

1学年のクラスは計4クラスあり、A・B・C・Dとわかれている。

優劣順でクラスが分けられていることを入学したてのDクラス(最下位)生徒たちは知らない。

入学したての生徒たちに4月1日に100000ポイントが支給されていた。

支給されたポイントは、1ポイント1 ...