パシフィック・リム アップライジング/PACIFIC RIM: UPRISING

2013年公開の映画パシフィック・リムの続編。
前作から10年後の設定、そこには怪獣はもう存在しない世界に戻っていた。しかし、のんびりしてもいられなく日々パイロットたちは訓練を受けていた。
いきなり始まるのが人類の英雄と称えられるスタッカー・ペントコスト司令官の息子ジェイク・ペントコストは優秀なパイロットだったがある理由で軍を除隊し、違法転売行為に手を染めているところから物語は始まる。
1人の少女との出会うがすぐさま、警察がやってくる。そこから1人乗りのイェーガー、スクラッパーで逃げようとするが、捕まってしまう。警察に厄介になり再びパーロットの世界に戻されるが。またまたタイミングが悪く謎のイェーガーからの攻撃。マコは死んじゃうし最悪の状況。マコの送ってきたコードを解析するとある場所へのお知らせだった。早速行ってみると謎のイェーガーがまたまた攻撃。今度は何とか倒したが中身は人間ではなく怪獣の一部で動いていた。そのころ無人で動くイェーガーが暴走なんと怪獣の沸く穴掘ってるし・・・何とか無人イェーガー停止したけど。 怪獣発生!!今度の怪獣は3体合体パワーアップしかも大きくなるし。第六世代イェーガー、ジプシー・アベンジャーなど4体で挑むが歯が立ちません。
映像で日本は映るんですがなぜか中国や香港みたいな風景・・・。バイオハザードでもこんな感じなのは日本を知らないで撮影してるからなのだろうか?だいぶ疑問。
監督 スティーブン・S・デナイト
出演 ジョン・ボイエガ、スコット・イーストウッド、アドリア・アルホナ、ジン・ティエン、チャーリー・デイ、バーン・ゴーマン、菊地凛子、新田真剣佑、カイリー・スパイニー
製作 ギレルモ・デル・トロ、トーマス・タル、ジョン・ジャシュニ、メアリー・ペアレント、ジョン・ボイエガ、フェミ・オグンス
脚本 エミリー・カーマイケル、スティーブン・S・デナイト、T・S・ノーリン、キラ・スナイダー
原題 Pacific Rim Uprising
製作年:2018年
製作国:アメリカ
時間:111分