洋画, アニメ(映画), アニメレビュー, 洋画ら行

ハリネズミのラッテたちが住む森では、干ばつが進み、森に住む動物たちは水に飢えていた。

そんな中動物たちが生きていくために一つの約束事を作った。

誰かが水を見つけた場合、かぼちゃに水を溜めるということ。

かぼちゃに水を溜めて皆で共有して飲もうということだった。

その約束事はについて、ラッテ以外の動物たちは約束を守ってカボチャに少量の水を溜めていた。

なぜラッテだけがカボチャに水を溜めていなかったというと ...

テレビアニメ, アニメレビュー

–あらすじ 第11話「しかし、概して人々が運命と呼ぶものは、大半が自分の愚行にすぎない。」–

突然Dクラスのガイドブックが何者かの手によって、燃やされるという事件が発生する。

一体だれが何のためにやったことなのか‥。

その騒ぎを見た伊吹は、突然何が起こったのかを把握できていないためか唖然と立っていた。

そのあと、すぐに伊吹がDクラスのベースキャンプから逃げ出す。

その行動を見て ...

テレビアニメ, アニメレビュー

–あらすじ 第9話「人間は自由の刑に処されている。」–

綾小路と堀北は他クラスの偵察へと向かう。

Cクラスの様子を見ると試験というよりも夏のバカンスを楽しんでいるた。

なんと、Cクラスは最初から試験を乗り越えるつもりはなかったのだ。

そのため龍園は「伊吹が勝手に船に戻ろうとポイントはマイナスになることはない。」と言い放つ。

龍園は、堀北に「一緒に遊ぼうぜ。」と卑劣な言葉をかけて ...

日本映画, アニメ(映画), アニメレビュー

石田将也は元気な小学生で、

将也はクラスの中で楽しく気ままに過ごしていた。

そんな将也のクラスに転入生の女の子がやってくる。

その子の名前は西宮硝子。

先生から自己紹介するように言われた硝子だったが、何故か自己紹介を中々始めない・・。

先生は、硝子の肩をポンっと合図すると硝子はランドセルからノートを取り出す。

そして、ノートに書いてある文字で自己紹介を始めた。

そん ...

テレビアニメ, アニメレビュー

–あらすじ 第7話「無知な友人ほど危険なものはない。賢い敵のほうがよっぽどましだ。」–

夏休み中に綾小路から堀北に何度も電話がかかってき、堀北は何度も電話を拒否した。

拒否したにも関わらず、何度も電話をかけてくるなどどういうつもりなのかを綾小路に聞いた。

するとみんなと一緒にプールへ行こうという誘いだった。

もちろん堀北からすると行く意味がないと考えて「行かない」と即答する。
...