ようこそ実力至上主義の教室へ(9-10話)

–あらすじ 第9話「人間は自由の刑に処されている。」–
綾小路と堀北は他クラスの偵察へと向かう。
Cクラスの様子を見ると試験というよりも夏のバカンスを楽しんでいるた。
なんと、Cクラスは最初から試験を乗り越えるつもりはなかったのだ。
そのため龍園は「伊吹が勝手に船に戻ろうとポイントはマイナスになることはない。」と言い放つ。
龍園は、堀北に「一緒に遊ぼうぜ。」と卑劣な言葉をかけてきたが、堀北はCクラスの元から早く去ろうと綾小路に言う。
次に偵察へ向かったのは、Bクラス。
Bクラスは一ノ瀬が取りまとめ役として活動していた。
一ノ瀬が言うには、BクラスとDクラスは協定を結んでいると思っていてOKとのこと。
堀北もその言葉を信じて次のAクラスに偵察へ向かう。
Aクラスは洞窟をスポットとして洞窟の入り口には、カーテンのようなもので目隠しをしていた。
綾小路は、堀北にAクラスも直接偵察しようと誘う。
その意見に賛成した堀北は、綾小路と共にAクラスの洞窟に入ろうとする。
しかし、Aクラスのリーダーらしき人物が「洞窟の中に入るというなら争いが起きる。手荒なことはしたくない。」と言い放つ。
Aクラスの偵察は断念し、Dクラスのベースキャンプに戻る。

–あらすじ 第10話「裏切者の中で最も危険なる裏切者は何かといえば、すべての人間が己れ自身の内部にかくしているところのものである。」–
堀北が谷で体を洗っていた隙に何者かがキーカードを盗んだのだ。
堀北は、綾小路にキーカードが盗まれたことを話す。
綾小路は、公に言わないほうが良いと言い、犯人捜しが始まろうとしていた。
そんな矢先、Dクラスのマニュアルブックが燃やされるという事件が発生した。
次々に発生する不可解な下着ドロボーやマニュアルブックの放火事件・・。
そんなことをするのはただ一人、他クラスであるCクラスの伊吹だ!と確信した堀北は伊吹を追いかける。
しかし、堀北は熱が38度ほどの体調不良。
万全な身体能力を発揮できない堀北に絶対絶命のピンチ!!

  • 出演者 千葉翔也、鬼頭明里、久保ユリカ、竹達彩奈、岩澤俊樹、阿部大樹、郷田翼
  • 監督 岸誠二、橋本裕之
  • 制作年 2017年
  • 制作国 日本

  • 関連記事
  • 【1-2話のあらすじ】
    【3-4話のあらすじ】
    【5-6話のあらすじ】
    【7-8話のあらすじ】

    スポンサーリンク