進撃の巨人 第54~55話 勇者、白夜

–あらすじ 第54~55話–
アルミンがベルトルトを倒すために指示をエレンに出す。 アルミンが考えた作戦とはアルミンがベルトルトの気を引き付けている間にエレンが硬化能力を使ってあたかも戦力にならない状態であることをベルトルトに認識づけておき、硬化ができた後エレンが人間に戻り、立体起動装置でベルトルトのうなじを狙いベルトルト本人を出すということ。
アルミンはエレンの硬化出来上がるまで熱風に耐えることができるかできないかをわかっている。 そんな中でエレンに作戦を提案し、その覚悟ができていたことに強さを感じました。 もちろんエレンもその作戦を実行した場合アルミンがどうなることくらいわかっていた。
だが、アルミンの作戦を躊躇している暇もなく、拒否することで今後この世に生きる人類が皆巨人の餌食となることを避けたかったからエレンもアルミンの指示に従うことにしたのでしょう。
見事アルミンは最後までベルトルトの気を引き付けることができ、アルミンの作戦が成功!
しかし、アルミンが丸焦げになってしまい、リヴァイ兵長がエレンとアルミンの元へと。 エレンは急いでアルミンに巨人化の注射機をもらえるようにリヴァイに依頼する。 しかし、アルミンに注射機を使おうとしたところへ団長をかついできた新兵が瀕死状態のエルヴィンに注射器を使うように依頼する。
リヴァイはもちろん今まで自分たちを率いてきたエルヴィンに注射器を使おうとする。 それをミラエレンとミカサがリヴァイから注射器を奪おうと反乱する。
最後はリヴァイがエルヴィンに注射機を使用しようとするがエルヴィンが拒否する。 リヴァイは仕方なくアルミンに注射器を使用する方向へと動いた。
出演 梶裕貴、石川由依、井上麻里奈、下野紘、小林ゆう、三上枝織、谷山紀章、細谷佳正、橋詰知久、朴璐美
監督 荒木哲郎 、肥塚正史
制作年 2019年
制作国 日本